MENU

ダイエット効果

バナナ酢ダイエットが人気です。
ダイエットに酢の効果がいいという話は前からありました。酢だけを飲むとむせかえる人も多く、
抵抗感を覚えるのも少なくないのも事実です。

 

普通のお酢とは違いバナナ酢は、バナナ自体の7割近くが食物繊維で
余計なカロリーがないのでダイエット効果があり、
体内の余分な水分を排出する効果や脂肪分解を促進するカリウムが、バナナには含まれています。
栄養素はカリウムだけでなく、ペプチンでの便秘対策やアミラーゼの糖分分解も重要でしょう。

 

タンパク質の代謝を促進して美肌効果をももたらします。
有効成分は、バナナを酢に漬けることにより溶かし出されてバナナ酢になり、
成分が体に吸収されやすくなるので、相乗効果は抜群なのです。
炭水化物が豊富な果物でもあり、短時間での栄養補給にも役に立つと言われています。

 

お酢に含まれるクエン酸、リンゴ酸、酢酸は有機酸といい、
生命活動に必要なエネルギーを作り出すための回路をバックアップします。
クエン酸サイクルと呼ばれるこの作用を有機酸の効果で高めることにより、
たんぱく質や炭水化物、脂質を効率的に力にします。

 

また、クエン酸サイクルへの働きかけがよく良くなり、エネルギーを発生させやすい身体になります。
健康のためにもダイエット効果のあるバナナ酢を有効に活用してください。

上手な方法

バナナ酢ダイエットが注目されている理由をご存知ですか?

 

まずは、コストパフォーマンスがとても良く、高いサプリメントがいらないことにもあります。
運動不足、不規則な生活、健康的ではない食事のために肥満になる要素が少なくありません。

 

食事を食べないなど無謀なダイエットをしたり、ジムに通ったりするだけでは、
なかなか思うように体重が落ちません。
痩せることに躍起になりすぎて体調を損ねてしまうという事例もあり、
ダイエットが無意味に終わってしまうこともあります。

 

お酢に含まれる有機酸によってクエン酸サイクルを活発にし、脂肪が燃えやすい体を作ります。
酢をバナナ酢にした場合でも特有の刺激臭がないわけではありませんし、
生のままのバナナ酢は胃にダメージがいく場合があります。
豆乳、ヨーグルト、牛乳などにまぜて飲むとよいといわれています。

 

特に、豆乳とバナナ酢の組み合わせは、豆乳の美肌作用も期待できるので女性には嬉しい方法です。
同じドリンクを毎日飲んでいるだけではつまらないという場合は、
ドレッシングにバナナ酢を使った野菜サラダなどを作ってみてもいいでしょう。

 

1日の必要摂取量は30ccです。大さじ3杯くらいがちょうどいいようです。
いっぱい飲めばすぐに体重が減るものではありません。
いくらバナナ酢といえども酢に弱い人もいますので、
様子を見ながらバナナ酢ダイエットを試すのがよいでしょう。

黒糖とバナナ酢のドリンクでダイエットをする

お酢のドリンクでダイエットをする方法では、
黒糖入りバナナ酢ドリンクが効果があってお勧めです。

黒糖バナナ酢ドリンクの材料は、酢500ml、バナナ3本、黒糖200〜500gです。

バナナ酢黒糖入りを作るための手順は、
まず清潔なビンの中に適当な大きさに切ったバナナ入れ、更に黒糖を加えます。
粉状の黒糖も最近では店頭に並んでいるので、すぐ溶かしたい時は利用してください。

バナナと黒糖の入った瓶に酢を加え、フタをして冷蔵庫におき、
翌朝にバナナを引き上げると、ダイエットに効果がある黒糖バナナ酢のできあがりです。

原液のままでは濃すぎますので、
水や牛乳をバナナ酢と2:1の割合でブレンドするといいでしょう。
黒糖バナナ酢ドリンクによるダイエットの基本は、1日1〜2杯です。

ダイエットへの効果を増すためには、
バナナ酢ドリンクにちょっとした工夫をすることもできます。

例えば、電子レンジで黒糖バナナ酢を30秒温めると、
バナナが熟成することで風味がアップします。
豆乳でバナナ酢を薄めて飲むという飲み方はダイエット効果を高めるためにもお勧めです。

豆乳に含まれる大豆ペプチドやイソフラボンは、
ダイエット以外にも美容や健康にも効果、効能があります。
意外性のある組み合わせかもしれませんが、
バナナ酢にオレンジジュースを足すという飲み方も合います。

肌の状態が気になる人は、オレンジジュースでビタミンCを摂取してみてください。
黒糖入りバナナ酢がダイエットに効果的なのは、
酢、バナナ、黒糖それぞれの効能で体脂肪の燃焼効率がアップし、
その反面糖質の吸収をセーブすることができるからです。